シックハウス研究会

- 体験記 -

☆ 第一回 ☆ 【シックハウス研究会】

このたび、私の経営する『リラクゼーションサロン ヴィータ』のHPの開設を機会に
【シックハウス研究会】を立ち上げました。
私は、平成16年に『シックハウス症候群』と診断されて以来、化学物質過敏症・
電磁波過敏症を体験し、いろんな治療を受けるも一進一退の約3年間、すべての症状
(本などに報告されている)に苦しみながら、薄紙を剥がすように少しずつ、少しずつ
社会復帰してきた経緯を伝えていきたいと思います。
現在も誰よりも臭いや味を敏感に感じ取り、一瞬で気分が悪くなったり、思考がゼロになったりしてしまいますが、何とかその場での対処方法を見つけては、社会生活を続けています。
しかし、完治することは、この電波社会の中では困難な事でしょう。
だからこそ私は、人生を前向きに生きていくためには、自分の体の中で起こっている事を
冷静に受け止め、付き合っていく方法を選びました。
今、症状で苦しみ・気持ちをコントロール出来なくて闇の中のどん底にいる人達の希望に
繋がる事を願いながら、皆さんに伝えていく事が私の使命だと思っています。

次回からは、回想しながら自分の体に起こった異変とその時に施した治療と気持ちの動き、
まわりの人達(家族・知人)の反応を書いていきたいと思います。

※このサイトを通じて、皆さんからのメッセージをお待ちしています。

メッセージお送りの方はコチラから>>>クリック